トップページ > Staff Blog > 不動産流通のしくみ

不動産流通のしくみ

Pocket
LINEで送る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様こんにちわ
青山ショールームの渡辺です。

1月も後半に差し掛かり、大寒(だいかん)を迎えて寒さも”ひとしお”ですね。
インフルエンザも本番ですので、どうかご自愛ください。

さて、今回は不動産の豆知識をご紹介します。

主に物件探しについてフォーカスします。

皆様は普段どのような形で物件(マンション・戸建等)の情報を求めますか?
近年ではインターネットの普及でほとんどの方がネット経由(有名どころでSUUMOやホームズ、at-home)でお探しになられる方が多いと思います。

実際に不動産屋さんに行って、話を聞いてもらってその場で探す、もしくは資料を送ってもらう。
そんな時代は、はるか昔に感じるこの頃です。。

実はネットの普及に伴って不動産情報は不動産業者の間でも、とても簡単に手に入るようになりました。
それは不動産業者のみが利用できる、不動産流通のデータベースが存在するからです。

その名も 通称:レインズ と言います。

正式には東日本住宅流通機構といって、国の審査を通過した公益財団法人です。

宅建業法では不動産の情報を指定流通機構(レインズ)に登録することを義務付けているため、すべての不動産情報が基本的にレインズに集められます。

つまり日本における不動産情報流通のデータベースと言えるのです。
一般の人々がネット上で目にするSUUMOやホームズの物件情報の元は「レインズ」にあるという事になりますね。

ただ、不動産屋さんに行っても「レインズ」をお客様にお見せする事はまあまりないでしょう。
担当によって、売りたい物件・売りたくない物件もありますので・・・

リノデュースにご来店いただくお客様は皆様リノベーションをすることを前提としておりますので、理想の空間を追及していく事が何より重要です。

そういった観点から、この「レインズ」をお客さまにも包み隠さず見て頂き、一緒に理想の物件をお探しすることが1番のご希望であると認識しています。

青山のショールームにお越しいただければ、不動産業界の裏側を見る事ができますよ☆
ショールーム見学のご予約は毎日受付けております。

ご興味のある方は気軽な感じでショールームまで遊びにいらして下さい。
美味しいコーヒーや紅茶をご用意してお待ちしております。