トップページ > Staff Blog > 解体現場

解体現場

Pocket
LINEで送る

現在解体中の案件をご紹介させていただきます。
リフォーム工事では、解体してみて『びっくり』ということが多くあります。

・ S区 築35年 SRC造

 

居室1間の床下です。

既存の床を剥がしてみたら、使用していない配管や電線、木くず等がたくさんありました。

 

 

 

 

 

 

 

洗面所部分の解体後です。

左端に見えているのは、新規で今回工事させていただいている置床となります。

もともとはこの円柱状のセメントにボルトで足固定されていました。珍しい形です。

 

 

 

 

 

・ I市 築35年 SRC造

 

 

別の案件の天井解体後です。

天井の石膏ボードを止めているバーが不均等に入っていました。間崩れをおこしている間取りなので、状況に合わせた下地入れがされています。

奥に見えるのが、上階の床スラブ。

築年数は30年以上ですが、非常にきれいな状態でした。

 

 

 

壁の石膏ボードを剥がした状態です。

木軸のパネル工法で壁を造作してあり、壁先行で立てて、天井を軽量鉄骨で組んでありました。

配線の隠ぺい部分に関しては、保護を兼ねて、配管の中に電線を通している状態でした。

 

 

 

建物や年代によって、様々な工法が用いられ、建築されております。

 

今回、ご紹介させていただいたものは、一部ですが、これからも様々なものをご紹介できればと思っています。
今までの現場経験を生かし、施工のプロとして、お客様に的確なお話ができるよう、日々精進しています。
今後とも、株式会社テシオを宜しくお願い致します!!